2009年02月14日

実習の中間休憩

こんばんは☆
1つの病院での実習が終わりました ヾ( ̄∇ ̄=ノ







いやあ 何より嬉しい
あー嬉しい グッド(上向き矢印)


ある病院での2週間の実習が無事終了☆☆



准看の時の実習と違って

一つの場所での実習期間が短いです☆


ただ 中身が濃いです。。。


この病院は ”個人情報保護”とゆうこともあり


実習の記録用紙など

全てを 一切家へ持って帰れなかったです家ダッシュ(走り出すさま)



もちろん他の病院でも

実習中に使用した 
患者様の情報を記入している専用のメモ帳などは
持って帰ることはできなかったけれど・・・


その日行った実習内容をかく記録用紙や

患者さんの情報を分析・解釈する用紙や

問題点を抽出して看護プランを作成する用紙や

関連図の用紙・サマリー(看護要約)などなど。。。。。



いっさいがっさい お持ち帰り禁止━(-д-;)━



記録を提出期限までに出す。。。

しかもその記録は
実習場でのみしか記入することができない

ってゆうのは 


なかなか ぜぇぜぇでしたぁ あせあせ(飛び散る汗)



しかしながら

今回の実習病院は
良かったです ( ̄ー ̄)v



なぜなら


看護師達がやさしかったぁ☆

てゆーか

人間ができていた!?



うーん 表現が難しい・・・




本当の意味で厳しくって 優しかった



とにかく
感情に任せて接してこないんです☆




最悪な病院なんて


前日の実習の記録用紙を

朝 指導者(看護師)へ提出するために持っていくと


「はあ? 要らないむかっ(怒り)


とか言われたりして

感情に任せて言葉をぶつけてくる。。。



他には

「1分で経管栄養をセッティングしろ」


って命令されたり・・・・・ あせあせ(飛び散る汗)


↑↑↑
”経管栄養”とは→→→


口から食事を摂ることができない患者さんに

口や鼻から胃まで管を通して

口や鼻の外から
栄養のある液体を胃の中へ流しいれるもの☆



患者さんの胃に食事(栄養液)を入れる前に 

管がちゃんと胃の中に入っているのか

聴診器を胃のところに当てて

口や鼻のほうから出ている管に注射器を差し込んで
10ml以内の空気を入れて

胃の中から管が抜けていないか確認する
(胃に入っていたら 胃に当てた聴診器から

「ボッ」って空気が胃の中へ入る音が聞こえます☆





そのよーな確認をしてから


それから
患者さんの
ベッドの頭のほうを上に上げて

(↑誤嚥を防ぐ為(胃ではなく 気管などに入ってしまうのを防ぐ為)


点滴のように
ちゃんと決まった時間で胃の中に入るように

栄養液が胃に入るスピードを

患者さんに合わせて調節する



この一連の作業に対して

タイマーをわざわざ1分間でセットして

1分を超えてしまうと タイマーがピピピと鳴り


『ハイ 失格!』


と言われてしまう・・パンチ


もちろんスピードも大事だけれど

これらの流れを
1分で行うほうが 逆に危ない気がします




ぜぇぜぇぜぇぜぇ。。。(−W−怒)




あっ 愚痴ってしまった!!



前〜〜の話ですよっ(^−^)


お酒が効いたかなぁ Ψ( ̄∀ ̄)Ψ exclamation&question



アルコールで愚痴るなんて

ちょっとちょっとぉ〜 ですよねっ(^−^;)あせあせ(飛び散る汗)



ふぅ☆



最後まで読んでくださって
ありがとーでした(^−^)☆


そろそろ お風呂に入ってきます
ふふっ
さっきまでいつの間にか コタツでぐぅぐぅ寝てました)


みなさん おやすみなさい☆☆


よい夜を〜 (゚ー゚)









posted by kirin at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

☆ながーーぶろ☆

今 夜中(朝?)です☆☆





夜中の1時半ぐらいからお風呂に入り
ついさっきあがりました いい気分(温泉)

ぽかぽか過ぎます☆



なにを思いついたのか


お風呂ついでに
お風呂掃除もしてみましたあ→→


だから ちょっと
のぼせ気味のきりんなんです( ̄ー ̄)ふぁ



あ、そうそう

いよいよ来月2月から
本格的な 看護実習がかじまるです☆


2年生でも実習はあったけれど


今回の実習は
2月から 3年生の夏までぶっつづけ ダッシュ(走り出すさま)


その後は冬まで

ぱらぱらと いろんなところで実習があります☆



ひょぇぇです
ε=(‐ω‐;;)


えっと
きりんの実習先第一弾は・・・


某総合病院の内科 ぴかぴか(新しい)


がんの患者さんを受け持たせていただく予定です☆



そいから次に
産婦人科 と 小児科のオンパレード
いろんな病院に行ってきます。。


うーん
きりん不安です。。。

乗り越えていけるかなぁ。。(−_−)☆



posted by kirin at 03:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

また帰郷☆

昨日の夜中から 実家に帰ってきています☆







昨日の21:30に 学校が終わって


それから車で 実家に帰ってきました☆

夜中2時ごろに着いたです 車(セダン)




なぜなら今日また

大分県へ仕事に行くからです(実家の仕事の手伝い)




昨日の学校では

教科終了テストが2つありましたぁ。。。




一つは 生化学で

もう一つは ヘルスアセスメントです☆☆本



生化学は 


”糖(グルコース)”の代謝について

簡単な図で表しなされ

またその中で

特に関心を持った事を書きなされ





とゆう とってもシンプルな問題でした





えぇぇぇぇぇぇっ!!!





問題は糖の分解。。。。。だけ。。。。。。。。。。




あまりの問題のシンプルさと 配点が恐ろしく大きいので

kirin ちょっとおびえてます キスマーク



でも教科書の持込OKだったので


かなり 分かっている人かのよーに


元素記号とか 使いまくりました ぴかぴか(新しい)






ヘルスアセスメントは

肺と心臓と消火器の

問診や視診、触診・打診・聴診などの


やり方についてのテストでした







テスト終了後

今日から始まる授業があったんですけど。。。



なんと教えてくださる先生が



kirinが夏まで勤めていた病院の 

医院長先生(外科の先生)だったんですexclamation×2



kirinの大好きな先生なので

嬉しかったですぅ(^−^)るんるん




先生は 肝臓・胆のう・すい臓以外の

内臓の事について 教えてくださるそうです☆



昨日は 

”食道” についての授業でした☆


食道がんの手術方法についてや

抗がん剤や放射線での治療方法や


食道に関する病気についてなどなどです





今日は 昨日授業で習った


”胃食道逆流症(GERD←ガード)” について

ちょっとだけ 書きまする☆☆☆



口から入った食べ物は

食道を通ってから胃に入っていきます☆



普通はその流れで

胃から食道へ

ものが逆流する事がないよーになっているんですけど




胃の中のものが 逆流して


食道に戻ってくる事があるんです


胃の中のものだから

食べ物を溶かす 強ーーーい胃酸ってのがあって


それが上に上がってくると

食道がただれたりするんです!! 



ただれたりして 炎症があったら

胃食道逆流症のなかの 



”逆流性食道炎”ってゆう病名がつくそうです




そーいえば 今までの病院で勤めている時

結構 この病名がついている患者さんが多かったよーな。。




食べたら2〜3時間は横にならないよーにしたり

食べ過ぎない 早食いしない


アルコールとか 炭酸飲料水を控えるなどなど



いろいろと対策があるそーです



だから 寝たきりの患者さんも

食事の後 すぐにベッドを べったりと倒すのではなく



しばらくは ベッドのあたま側を


あげておきます☆☆




kirin 

学校がおわってから晩ご飯を食べると


いつの間にか意識がなくなって


朝になっていることがあるんですけれど



気をつけよう・・・ (((\( ̄一 ̄)/)))






posted by kirin at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

☆資格☆

明日から 10月ですね☆






早いものです soon


昨日 地元の友達が はるばる

kirinのアパートへ 泊まりにきていました☆☆



なんだか今日 検定試験を受けに行ったみたいです☆



その試験が 朝早くから始まるので 

試験会場に近い kirinのアパートに泊まってました 





”ビオトープ管理士”



とゆう 資格を取得する為の試験だそうです☆☆



kirin 初めて聞きましたよぉ (◎ー◎)/





引用させていただくと。。。


ビオトープとは

生き物(Bio)が ありのままに生息活動する場所(Top)
という意味の合成されたドイツ語だそうで

生き物が住みにくい都市部などで
人間によって再構成された自然環境を
とくにビオトープというそうです




ビオトープについてはこちら→
http://eco.goo.ne.jp/word/nature/S00005.html




資格って いろいろあるんですねぇ!!




そこで


kirinも いろいろと

資格にはどんなものがあるのか 調べてみました☆



ありましたよ ありましたよ 

おもしろい資格が目



健康系の資格でゆうと。。


☆ヘルスケアアドバイザー
☆ダイエットマスター
☆健康運動実践指導者
   など。。。


心理系の資格でゆうと。。


☆産業カウンセラー
☆生きがい情報士
☆メンタルケア心理士
   など。。。



医療系だと。。


☆日本臨床栄養協会 サプリメントアドバイザー
☆健康管理士一般指導員




教育系だと。。
チャイルドマインダー
☆生涯学習インストラクター
☆チャイルドケア・ソリューション




などなど



ホント いろいろあるんやねぇ 

ヮクリ(°心∀°)ヮクリ







posted by kirin at 19:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

☆解剖見学☆

そうそう そうです。。。
ここ最近 カテゴリの中の”ナースの種話”
(このカテゴリは 学校や病院など 医療に関する日記の時のカテゴリですぅ☆) が めっきり減っちゃいましたぁ

ので ひさびさに”ナースの種話”で書き込みます(^−^)






この前 解剖見学 に行って来ましたよ☆




看護学生1年生 


バスに揺られて 医科大学へ行って来ました☆




いよいよ 解剖見学です!!




kirin 解剖室に入る前までは

緊張して どきどきどきどきどきどきどきどきどきどき






人間の体の中の つくりやしくみは

いやとゆう程 学校で勉強しましたし 今もしています ペン



だけれども


解剖見学をしたら



今まで平面の中だけだった 体の中のイメージが

めちゃくちゃ 立体的になりました


感動 感動でした グッド(上向き矢印)



4名の方の献体 と

あとは 脳とか 心臓とか 消化器とか 脊髄神経とか 子宮とか


いろいろな 体の中の部位が テーブルに並んでいました





直接触れて 動かしてみたり 押してみたり。。。


ホント 人間の体ってすごいって思いました☆



これらすべてが動いて 

人間って生きているんだなぁって




本当に すばらしいと思います



献体をされた方々にも ありがたい気持ちでいっぱいです



何度も見る教科書より

1度きりの 実際に見た人体の映像の方が


頭にしっかりと 焼き付いています☆☆



忘れたくないから 何度も目をつぶって

見学のときの映像を 思い出しています!!




解剖見学に行って よかった(^−^)



kaiboukengaku1.JPG

↑ 解剖見学直前 左うしろがkirinでしゅ



posted by kirin at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

資格試験の感想

今日 学校で 准看護師資格試験の
自己採点がありました☆
kirinの学校は 全員合格です(^−^)/




准看護師資格試験の免許は

都道府県知事の発行です

だから 資格試験も 都道府県ごとに問題がつくられます

試験日も違ってたりするので

自分の住むところで受けるだけでなく

さらに 他の県へ行って 受験をする受験生たちもいます☆☆


kirinの住む 南国の准看護師資格試験は

今回→ 『薬物』が難しかったです(kirinにとってだよ)

『精神看護』は 意外にできたので ちょっとびっくり

『人体のしくみと働き(解剖生理)』は 

もうちょっと 血液関係について教科書見とけば良かったな。。


『感染』 は うっかりミスばかりでした ( ̄д ̄) きゃっ


『食生活と栄養』『疾病の成り立ち』『看護と倫理』『心理』

『保健医療福祉のしくみ』『法律』は 

全問OKでした♪(といっても1科目2〜6問ずつ位なんですが)


問題を細かく見てみると ひっかけが多かったと思います☆



一応 自己採点にて 結果は分かりましたが

合格通知は 3月14日か15日に届くとのことです

准看護師免許は 3月の末にもらえるそーです♪♪

とうとう免許がもらえるぅ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ




posted by kirin at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

倒れた。。

11月6日から
ある総合病院で実習中です☆




現在実習中の病院では

結構 いろいろなものを見学させていただいています☆


グロイモノ平気なkirinですが



とうとう ある処置の見学をした時に


倒れちゃいましたよー(T▽T)/




それは 

トロッカ → ”胸腔ドレナージ”




の見学をした時です。。。



CT室でありました


気胸(ききょう) の患者さんに行われました



↑ ”気胸”



てゆーのは。。。

胸腔の中に空気がたまって 肺がぺちゃんこにつぶれてしまったりすること


だそーです☆



”胸腔”とは


胸周辺の空洞のことで その中に 肺や心臓が入っています☆


肺がぺちゃんこになっているから


胸から直接体の中に 

胸腔内穿刺(トロッカーカテーテルとゆうものをつきさして)で

その肺から体の外へ 空気を抜いて(脱気)

肺を膨らませる治療が行われます (指導者さんの説明より)







右胸に部分的に効く麻酔をして

カッターナイフの芯みたいなメスで切って


そこから ドクターが

力を入れて カテーテルをつきさしました


ドクターの手に 力が入っているのが分かったし

血もたれてくるし。。。。



しかも 患者さんの苦しそうな顔を見ていると



なんだかねぇ。。。。

ふらぁふらぁ してきましたよ


そして 気持ち悪くなったので CT室から出ようとしたとき



急に 目の前が 真っ暗になりました たらーっ(汗)




そして 倒れる瞬間に 

CT室の中にいたドクターが気づいてくださって



車椅子で CT室まで運ばれちゃいました


ああ。。。 kirinはこれから 大丈夫なのかなぁ



って 自信がなくなっちゃいましたよ バッド(下向き矢印)





でもね

kirin その週の金曜日(先週)に



もう一度 トロッカー(胸腔ドレナージ)の見学に挑戦してみました!!



大丈夫でした(^▽ー)v




良かった 良かった 黒ハート




この病院での実習も あと3回



受け持ちの患者さんは



胆のうに胆石があって

胆石を取る手術(腹腔鏡下胆のう摘出術)をしました







先週の金曜日に もう退院しました☆



ので 


kirinは今は 受け持ちの患者さんがいません。。。




今週からは 違う患者さんの受け持ちをさせていただきます


太ももの付け根の骨折 → ”大腿骨頚部(転子部)骨折”

の患者さんです☆



明日の 火曜日に 手術をします


もちろん 手術の見学もします



あと3回の実習。。。 がんばります ひらめき
posted by kirin at 02:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

救急車

今日は 14:30からお仕事です☆



毎週土曜日は 午前中だけ 病院で仕事があります


でも 学生のうち 一人は ”遅番” で

14:30〜18:30まで仕事をします


今日 kirinは ”遅番” で

14:30から 仕事なので

午前中かは のんびり まったりと過ごしています☆



昨日は 消防署で実習がありました

救急車の中の器具や その使い方の説明を聞いたり

救急車のストレッチャーに乗ってみたり

119番通報を受ける 「管制室」では実際に


119番通報があったと想定して

電話の応対をしながら コンピューターをいじり

パソコンの画面上で 救急車の行き先を割り出したり。。。

救命救急士の方が リアルな演技で

「早く救急車きて〜!」 とか 「助けて〜」

とかやってくださったので 緊張でした (^−^;)



心肺蘇生の練習はもちろんのこと

高エネルギー外傷(高い所からの落下など)の際の

救急車への運び方などなど


たった一日の実習でしたが

かなり濃かったです


実習班は 4人なのですが

2人ずつに分かれ

それぞれに 救急救命士の方がついてくださって

勉強をしました

今回に限って 救急車要請の電話が1回しかなかったです・・・

↑それは 大変に良いことなのですが・・・たらーっ(汗)

だから kirinの班は

2人だけ 救急車に実際に乗って

現場まで行くことができました

kirinはじゃんけんに負けて

2回目に救急車に乗るよーになっていたので

要請の電話もなく 実際に現場まで乗ることができませんでした

良いことだけれど  →→ 少し残念。。。バッド(下向き矢印)














posted by kirin at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

整形外来実習

夜中ですが なんだかのんびりとしています☆


明日も実習☆

早く 眠ればいーのに なかなか眠らないでいます☆☆


明日までで 

ある総合病院の 外来の実習は終了します

明日は 午前中は ”透析室”の見学で

午後は ”レントゲン室” の見学です



実習初日の 今週の月曜日は

整形外科外来の見学と介助の実習だったのですが

朝は 救急車のオンパレードで


とても 忙しそうでした

しかも 整形の患者さんばかり 救急車で運ばれてきました


kirinが 整形外科外来へ行くと

突然 ドクターが

「一緒に来て!!」 と 走って行きました


交通事故で 足を損傷した方が横になっていました


足は パッカリと開いていて 血がダラダラでてました

どーやら 骨折をしているみたいでした


しばらく患者さんの横で見ていたら 

ドクターが 手袋を手渡して言いました


「手伝って!」

手袋をはめて 血が出ている足を上に持ち上げて

ドクターの処置の介助をしました☆


激痛で泣き叫ぶ患者さんの声で 途中泣きそーになったりしました・・

そのまま CT室へストレッチャーで運んで

心電図室へ連れて行ったり



結局 関節内骨折 とゆーもので

お昼から 手術をすることになったみたいでした




交通事故って こわいなあと

改めて思いましたぁ(>。<)



posted by kirin at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

kirinの挑戦

休日出勤でした☆




さすがに 昨日の夜 

大分県佐伯市に行って遊び

おそーーーーーくに帰ってきたので

眠いです ( ̄ー ̄;



朝 6:30 から 15:00 まで 

病院で仕事でした 病院




そして kirin。。。。。



初挑戦をしました グッド(上向き矢印)



以前の日記で

実習中に 患者さんの 

鼻から胃まで 栄養チューブを通す経験をしました

と 書きました 

→→コレ http://kirinnotsubuyaki.seesaa.net/article/20745506.html







。。。どんなカンジなんだろう。。。 (・_・ ) ?





とゆうわけで

仕事が終わって 15:00 から



自分でやってみる事にしました☆



看護師にお願いしたら OK とのこと


<必要物品>




☆ 鼻から胃へ入れるためのチューブ(全;80cmのチューブ) 

☆ 表面麻酔(キシロカインゼリー)
  ↑ よく胃カメラを入れる時に使うゼリーのこと 

☆ 胃にちゃんと チューブが入ったか確認するために 
  チューブに注射器を差し込んで 胃に向けて空気を入れるのですが
  その 注射器(シリンジ) 

☆ その空気を確認するために 
  胃に当てて空気の音を聴くための 聴診器   

☆ その 入れる姿を映し出すための 鏡







☆ START ☆



チューブの先端に 表面麻酔のゼリー(キシロカインゼリー)をつけます

鏡をのぞきこみながら 左の鼻の穴に チューブを IN


鼻から のどのところまで到達するまでが 痛い どんっ(衝撃)



そして


のどから下へ行くところ(食道に到達するまで) が


痛い 苦しい しまいに。。。。。




おえ〜っ!!


吐きそうになりました☆



なにせ 自分で入れているので


痛いと ゆっくり入れてしまいますよね・・・


だから 余計に きつい ヾ(@† ▽ †@)ノ


なかなか 食道から下にチューブを入れられずにいると



看護師が 試しに入れてくれました


苦しいのなんの あせあせ(飛び散る汗)



で 再度 自分で食道から 胃まで入れてみました




患者さんて こんな気持ちなんだ・・・ (T_T)


こんなに辛いなんて 思ってもみなかったよ バッド(下向き矢印)


次に ちゃんと 胃までチューブが入っているか

注射器を チューブに差し込んで

胃に向けて 10mlの 空気を送ってみました


聴診器を 胃に当てて 聴いていると


ゴボボボッ って音がします


ちゃんと 入ってました☆



鼻からチューブを入れている患者さんは

そのチューブから 

胃へ 薬(液体) や 食事(流動食) を 流します



試しに チューブから 胃へ 

 を流してみました☆


胃まで チューブが通っているので

冷たいお水が流れてくるのが 分かるんです



気持ち悪い





実習中 何人もの

鼻から 栄養チューブを通している患者さんに

薬や 流動食を流したり(その前に チューブから 注射器で胃に空気を送って ちゃんとチューブが胃まで入っているか 毎回必ず 確認もします)

はたまた



実際に チューブを 胃まで通したりしましたが







こんなに辛いとは思わなかった (U_U)。。。  




胃まで 通した後も


ずーーーーーーーーーーと 気持ち悪いんです

今にも 胃まで通したチューブが

口から出てきそうな 感覚です



だから しゃべりたくなくなります



だから

ずーっと寝たきりで

しかも こんなにも苦しいチューブが鼻から入っていて。。。


苦しいんだなあ




やってみて良かった☆















posted by kirin at 18:56| Comment(6) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

福山雅治のCD

暑い 暑ーい一日です☆







今日も 暑い一日でした・・・

実習で 病院の中にいる時は涼しいけれど


終わって 外にでたとたん




もわ〜ぁん・・・ 晴れ






今日 受け持ちの患者さんが



いっぱい 話したんですぅ (>▽<)v





昨日のブログで かきましたが

患者さんは 脳梗塞で 左側が麻痺してしまって

しかも  ”左空間無視”



左側が

見えてはいるけど 脳みそが処理できない状態です




 

理学療法士(リハビリの先生) のアドバイスで


あえて

左側からいろいろな援助をしたり


話しかけたりすることになりました☆



それから


あえて 


見えている右側のカーテンを閉めて

左側に意識がいくよーにしてみました


ベッドから車椅子への乗り降りも

方向を工夫したりして。。。





どーか 患者さんが もっと回復しますよーに☆☆








友人から

福山雅治のCDをもらいました!!




milk tea と 美しき花  が入っています




この2曲が すっごく大好きです 黒ハート



大好きで 涙が出ます(^−^;)>



プレゼント ありがとーう でした!!!!!!!




いよいよ 今週木曜日 7月27日が


誕生日だなぁ バースデー (複雑・・・)







わっ!




明日 テストだぁ たらーっ(汗)





明日は 腎・泌尿器 のテストです



テスト勉強しなきゃ (-。−;)








posted by kirin at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

鼻から胃まで☆

誕生日が 刻一刻と近づいている kirinです☆






ああ 

kirinも



大人になったなぁ (´ ▽`).。o





20代 半ばですが






kirin → 精神年齢 幼いです☆




例えば・・・





いまだに

おもちゃを見て 

わくわくわくわくわくわく します



”トイザラス” 

などの おもちゃやさんへ行くと




端から 端まで


順番に 全て 見てまわります
黒ハート






それとか



”ふろく” のあるものに ヨ・ワ・イ (*v.v)。






コンビニの ペットボトルのジュースとか





某 ドーナッツ店では




どーしても 

お子様セットに付いている



キャラクターのおまけがほしくって
(子どもしか頼めないと言われた・・)



子どもに 買って帰るんです o( ̄^ ̄o)






なんて言って

おまけをGETしたり 黒ハート






おまけ 最高!









今日の実習では




生まれて初めて



鼻から 胃まで通っている

栄養チューブ の交換をしました☆




”栄養チューブ” ってゆうのは




食事を口から食べることのできない患者さんが



栄養バランスの考えられた


”流動食”(液体) を



口以外の場所から 胃に その液体を流し込んで

栄養を摂取するものです
(経管栄養といいます → 
 ちなみに口から摂取することは 経口栄養 って言うんです)





口以外の場所 とゆーと



例えば → 胃に 細長い チューブを埋め込んで 


そのチューブを おなかから 体の外へ出して(要:手術)




その 体の外に出したチューブから

流動食を 流しいれるもの (胃ろう といいます)










鼻の穴から 細長い チューブを挿入して



胃の中まで入れ


その 挿入した チューブを通して


胃まで 流動食を流したり 




などなどがあります☆






今日は kirin


 

上で説明した チューブを通して栄養を摂取している
(鼻から胃まで通している)

受け持ち患者さんなので



今まで 鼻に通していた チューブを外して






鼻の穴から 胃まで


初めて チューブを 通す実施をしました




授業では習ったけど

実際にやるのは ゲーム初めて グッド(上向き矢印)




無事に できましたぁぁぁぁぁっ


嬉しかった (*//////////////ー//////////////*)ボッ




ちなみに 鼻から 胃まで



40cmくらいなので


チューブは45cm〜50cm 程 挿入するのですが(教科書より)



今日 kirinの患者さんは


60cm でした☆



どんどん 実施が増えてきたので



嬉しいですキスマーク 


posted by kirin at 23:06| Comment(6) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

発達段階

明日また 「精神看護」のテストです☆




「精神看護」の授業は


何人もの 精神科病院のドクターが


教科書を 細かく分けて

授業を 教えてくださっています


ので 

先週も 「精神看護」 のテストがありましたが



明日 土曜日も 「精神看護」 のテストがありますぅ (-。−;)




明日あるテストの範囲を 教えてくださったドクターは



大阪の先生で


関西弁がおもしろいです☆☆

なにせ 南国ですから

ちょっと 違う言葉が みんな 新鮮なんです \(゚∇゚)/



”パチンコ”の発音で


”チ” にアクセントを置くので



kirin達も真似して



ンコ の先生





と 発音の真似をして 呼んでいます☆





この ”パンコ” の先生が教えている内容は




人間が成長していく段階で必要な 考え方や しつけ



について です 

上記 と ”精神発達”に 

大きな関わりがある


とゆう授業でした☆




たとえば エリクソン(昔の医師) の考え方でゆうと



 

乳児期(0〜1歳半)

安心させ、甘えさせ、大事にすること ↑「信頼できる人がいる」と思わせることここでは 大切

(例)泣いたら放っておくのではなく 抱く<泣くことで 大人からさまざまな養護行動を引き出しているらしい>

 

《出来なかった場合》→

情緒不安定な人間になる(不信感)
しかし乳児は 必ずしも手厚く保護されるわけではない 時には母から拒否されたり あるいは離別を余儀なくされることもある 
               
→ ”不信感の克服” とゆう 試練にあう






・幼児期(1歳半〜3歳): 

危なくない範囲でいろんな事をさせてあげる ↑身の回りの事を自分ですることが出来るとゆう自身をつけさせる

失敗することを黙認することが大事☆


《出来なかった場合》→

不満や敵意を子どもに向けて感情的になったり、子どもの失敗に対しいつも「お前はダメな子」呼ばわりしていると 子どもの恥や疑惑を強め 劣等感を植えつけることになる
 
反対に 親が何の規制もせずに甘やかすと 子どもは自己愛や万能感を助長し他者との協調ができずに衝動的でわがままな性格になりやすい





遊びの時期(4〜6歳):

積極性を養う

自分からやりたいとゆうのを止めない 

《出来なかった場合》→ 「自分は悪い子だ」 とゆう罪悪感を持ってしまう






児童期(6〜11歳頃): 

勤勉性を獲得することが大事

↑ 勉強が出来るとゆうのではなく 与えられた宿題を必ずするだけでOK!

《出来なかった場合》→ 自分の能力に対して 劣等感を持ってしまう




青年期(思春期、 13〜22歳位): 

”自己同一性”(自分とは何か と思い さまざまな価値観を統合して 同一性を獲得する☆”








などなどです☆



成長に応じた (発達段階)


しつけや 考え方などが



あるんですねえ!


posted by kirin at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

大切な目

自分の眼を 
心から大切にしていこうと 強く思った一日でした☆






kirin 眼科で 冷や汗が出たんです あせあせ(飛び散る汗)


今日 学校が終わって


インターネットで コンタクトレンズを購入するため

購入の際 眼科医の処方箋が必要なので 

近所の 眼科へ 検査に行ってきました



kirin コンタクトレンズ歴 長いです





中学1年からです (・・・ので かれこれ●●年前 (≡д≡) )


そして 生まれて初めて




眼の 角膜内細胞の数を調べる

内皮検査をしてもらいました







するとぉ


kirinの 角膜内皮細胞の数は(1mm2あたりの個数)





右目:2600個   左目:2300個 でした☆



この 細胞の数が2000個よりも少なくなってくると




角膜(黒目のところ)が 白く濁ってしまうそうです 目





そして 進行すると

失明の可能性も・・







みなさま 



”角膜内皮細胞”



って 知っていますか??





角膜内皮細胞 ってゆうのは




角膜(←黒目のこと)の内側にある細胞のことだそーです☆



その部分の 水分の量を調節して

水が 貯まり過ぎないよーに 調節を行い




角膜が呼吸できるよーに 空気から酸素を直接取り込んだり 

角膜を きれいな透明にしてくれています☆





この細胞


年齢につれて



減少していくんです




一生をかけて 


2000個くらいまで減るそうですが





コンタクトレンズを装着しているなど




角膜を傷つけたりしている眼は





その細胞が すごーーーーーく減っていたりします


それから その 内皮には



知覚細胞がないらしくって

細胞が傷つけられても 気づかないので



とても怖い たらーっ(汗)  → と 眼科の先生がおっしゃっていました☆




しかも 内皮細胞って傷つと もう治りません(再生しない)・・・






黒目 白く濁ってほしくないよーっ( ̄▽ ̄;)!!ガーン



kirinの 細胞の数も


少ない・・・バッド(下向き矢印)





先生が

これからきちんとしていけば



細胞が 急激に減少していくことは なくなりますよっ!!



と言ってくださいました





だから これからも




眼科で きちんと診察を受けて

眼の状態も 把握していきながら(検査などで)





大切に 大切にしていきたいと思います




今まで 安くコンタクトレンズが買えるお店で買っていました




眼の診察を受けてましたが



その店で 診察をしてくださっていたドクターは



眼科医ではありませんでした(眼科医じゃなくても 今まで処方できていた)




コンタクトレンズによる トラブルが相次ぐ世の中



眼科医でないと 

コンタクトレンズの 処方箋を出すことができなくなりました
(診療報酬が出なくなった)



何だか 今まで行っていたお店は



摘発されてしまったらしく


お店が なくなりました☆





インターネットで コンタクトレンズを買うにしても



一度 きちんと 

眼科で 眼の診察を受けて



眼を大切にしていくことが 大切だと思いました☆






みなさま 共に 目は大事にしていきましょー♪




明日と あさってで



今行っている患者さんの   実習終了です 黒ハート






posted by kirin at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

チャングムの誓い



血糖値が ”79” のkirinです(空腹時)☆



病院で実習中に



こーーーっそりと 血糖の測定器を使って

自分の 血糖値を測っちゃいました (^−^)v




正常血糖値は 70〜100(空腹時)

糖尿病だと判断する血糖値は 126以上〜 です☆ (参考書より)






今日は 土曜日黒ハート


なんか 週末って ほんとうに幸せです♪♪




なにをするわけでもないのだけどね (^−^;)


kirinは 友達とわいわいするのも好きだけど



一人で のーんびりと過ごすのも大好きです☆


自分のために時間を使って

エネルギーを補給します




今日は 家で いろいろ工作をしました☆


雑誌の中から

服とか 雑貨とか モデルを切り抜いて


ダンボールや 空き箱にペタペタ貼ります




それだけで ちょいとおしゃれな小物入れになります☆



今日は  ”ELLE”

の 雑誌を くりくりくりくりくりくりくりくり 切り抜きましたグッド(上向き矢印)




そうそう kirinは


工作が 大好きなんです☆




病院でも 

働いていると いろいろと気になって


空き箱とかを使って いろいろと作っています




手術室のある所で働いているときは



手術室で 手術中に聞くCDを収納する箱や


(↑↑↑ 手術中 音楽を聴くんですよ!! kirinも 今まで そーゆうことしているとは知らなかったけど リラックスのためだそーです ちなみに kirinが 手術見学をした時は 井上揚水 と BOA と 嵐の音楽が流れていた☆☆)
 


病室で働いている時は


患者さんの 

家族に持って帰ってもらう 洗濯物入れや


お箸やスプーン入れ などなど・・・ を作っています









今夜は 11時から


韓国のドラマ



”チャングムの誓い” があるー♪





韓国の 昔の物語です


NHKであるのだけれど



毎週 楽しみで楽しみで (>▽<)るんるん



あと1時間後だな♪♪♪






posted by kirin at 21:51| Comment(2) | TrackBack(1) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

ダンピング症候群

患者さんから 美味しい ”最中”をもらいました☆




和菓子の”最中”は あまり得意ではないkirin



でも  食べれたんです(’0’)





患者さんから頂いた ”最中” は

とても美味しくって ペロッといただきました☆





17:00過ぎに実習が終わって

17:30から 病院の仕事に戻りました



夕食がきたら

患者さんの 食事の介助をします


今日 食事の介助した患者さんから

食事が終わった後に 「持って帰りなさい」



って ”最中” をくれました☆



ホント 美味しくってびっくりした!!






今週の 「外科病棟」での実習は 今日でおしまい♪





今日は 受け持ちの患者さんの

調子が 悪かったです・・・



実習で kirin達が来る前に 吐いてしまって

朝食も食べることができなかったみたいです(カルテに書いてあった)



微熱もあって


今日は 調子が悪かったです



最近 患者さんの食事が

流動食ではなくなって

おかゆさんと 小さく刻んだ 柔らかい料理になりました



食欲旺盛で

一口で 口に入れる食べ物の量が 多い!(スプーンで食べている)




”胃を切りとる手術” をした人は



とにかく よく噛んで


ゆーーーーーーーーーーーーっくりと

食べなければならないそうです☆


なぜなら・・・・



”胃” を切ったことで 生じることがある

ダンピング症候群



とゆう 機能的な障害(後遺症)などを 予防する為です





ダンピング症候群



ってゆうのは 

別名 → 「胃切除症候群」



ともいいます☆



胃の手術は


胃を一部 または 全部切除して


切ったところと 腸とくっつけちゃうのです (@0@)






で  ダンピング症候群




ご飯を食べてから

その食べ物が 腸 (残っていれば胃も) を通っていき 


急に吸収されたり 

ちゃんと吸収されなくてなったり



などなどなどなどなどなどなど 

その他 いろいろーーーーーな理由で




食事をした後に


頭痛や めまいや 冷や汗 吐き気 吐いたり 

お腹が膨らんだ感じがしたり 体がだるくなったり・・・・・


などなどの症状が出るそうです



だから 気をつけることは



・一日にとるエネルギーを 朝食 昼食 夕食 の
 3回に分けるのでなく なるべく5回位に分けて 少しずつ摂取すること
 (必ずしもとゆうわけではないそーです)

・ゆーーーーっくりと よく噛んで食べること(液状になるまで)

・1回の食事時間に なるべく 20分〜30分くらいかける

・すごく熱いものや 冷たいものは 避けること




などなどがあるそーです

※これらは 学生のkirinが 実習で学んだことです☆ 
あくまでも参考ですので ご理解くださいませ☆

また ”ダンピング症候群”は 細かくいうと 
”早期ダンピング症候群”と ”後期ダンピング症候群” に分けられます☆
それぞれで 症状や 食事内容や対応も違います☆☆







受け持ちの患者さんは


回復が早い患者さんなのですが



食べるスピードが速かったので

もしや ダンピング症候群の症状が出たのではっっ!!?? あせあせ(飛び散る汗)



と どきどきどきどきどきどきしてしまいました・・・


今日 急遽 お腹のレントゲンとか とっていたけれど・・・・



また 月曜日に会ったときには




元気になっていますよーーーーーーーーーーーに♪♪






あ!





そーこーしているうちに 6月9日から → 6月10日に

日付が変わってしまった ひらめき




今日は 記録とか レポートとか何もしていないけど



明日 学校でしよーっと (^v^)♪




☆おやすみなさい☆
posted by kirin at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

”の”の字マッサージ

外科病棟での実習 

1週間目が終了しました v(*^▽^*)v






明日は 実習も 学校の授業もありません 黒ハート


病院での お仕事だけです!



もう 嬉しくて 笑いが出ます (0▽0) くくくっ♪




だって 土曜日に学校がないのって


ひさびさやもーーーーーーん ♪♪





今行っている  外科病棟での実習は

今月5月の16日まで続きます




kirinが担当している患者さんは

”胃がん” の手術で


胃の 3分の2を切除しました
(見学しました → http://kirinnotsubuyaki.seesaa.net/article/18670304.html )





80代のおばーちゃまだけれど

回復も 早くて けっこう元気です☆




ただ


”手術” をして



体にとって 大きな侵襲と 負担がかかっているので



手術をしたことによって起こるかもしれない 体の合併症やら

全身麻酔をしたことによって 起こるかもしれない 副作用 合併症や



早く 元の体と 体力に戻るためにどーすればよいかなど・・・・・




とにかく今 kirinが 主にしているのは

患者さんの 観察 観察 です☆





今 kirinが 1日に何回も

見たり聞いたりして 観察をいるものはとゆーーと☆





体温・血圧・脈拍・呼吸数・肺の音・おなかの音・手足の冷たさの程度・むくみ・顔色・爪の色・手術をした場所の上に置いているガーゼが汚れていないか・酸素飽和度(血液にどれくらい酸素が入っているか)・痰が出ないか・咳は出ていないか・手術をしたところの傷の状態・尿の色や量・うんちの色や形や量・汗の出ぐあい・のどの渇きぐあい・体から出ていく水分と入ってくる水分のバランスのチェック(IN、OUT)・点滴を刺しているところの状態・食事の摂取量 などなど・・・


患者さんへの質問 ↓
手術をしたところの痛みの程度はどうか・他に痛いところはないか・頭痛の有無・吐き気の有無・おなかが膨れたかんじはしないか・胃などがムカムカしないか・便は出たか・おならは出たか・昨日は眠れたか・今眠いか・寒くないか・今 どのよーな気持ちか・何かしたいことはあるか・kirinの名前は覚えてますか?とか・めまい・動悸はないか などなど・・・





今日は 患者さんの


お腹のマッサージをしました ☆


うんちが なかなか出ないからです☆




大腸は 


右の 盲腸があるところらへんから始まって



ぐるーーーーーーーーりとまわって


左下のあたりから  肛門につながっています★




だから その 大腸のある方向に向かって

おなかを



すーりすり




撫でて マッサージをすると

便秘ちゃんに 効果的です



おへそのあたりに手をおいて



そこから ぐるーーっと

大腸のながれに沿って



”の”の字 を書くように




時計回りにマッサージをしました☆




明日 患者さんが うんち出ますよーーーに♪







posted by kirin at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

手術見学☆

外科病棟での実習初日

kirinは 手術の見学をしました☆






”胃幽門側切除術”






とゆう手術を見学しました☆


”胃がん”で

胃の 3分の2を 切除するとゆう手術です




初日で しかも10時30分頃に





11時から 手術があるから 

先に お昼ごはんを食べてきて





と言われて急いで 少しだけ食べました
(手術を見て 吐くのを想定して 少しだけ・・・)

急いで 手術室の更衣室へ行き

手術室に入る為の 手術着に着替えました


グリーンの 帽子をかぶって マスクをして


まさに あのテレビで見るよーな 手術看護師の姿です



 


病室からストレッチャーにのってきた患者さんを

手術室へ運びます

そして 麻酔の準備開始です☆
 
kirinの手術見学☆ つづきはこちらでーす☆
posted by kirin at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

手術部位の縫合☆

☆今日は 雨が降って寒いです☆

今日


急に 髪の毛を切りたくなりました ダッシュ(走り出すさま)





パイナップルヘアー  なんです 今 kirin (;−;)

↓→ 以前の パイナップルヘアーについてのブログ  http://kirinnotsubuyaki.seesaa.net/article/16432480.html




もう限界ですぅ 

雨降って ぼっさぼさになるし・・・・


やっぱ この時期に ふんわりパーマなんて 

かけるもんじゃ ないんですかねえ・・・・!?




だから今




ストレートパーマをかけたい!!!





あーかけたい あーーーーーかけたい グッド(上向き矢印)






いつ ストレートパーマ かけに行こーーーかなあ

どこか いい所 (美容室) ないかしらあ






さっき

晩ご飯を食べていたら

友達から 電話がありました


クラスメイトなのですが


今 実習で行っている病院の 担当の患者さんが

手術をし



手術で 開いた傷口を 縫合する為に



ホッチキスのよーなもので

ガチャリと 皮膚と皮膚を

ホッチキスの芯のよーなもので留めたとのこと




そして その ホッチキスの芯のよーなものを

今日 抜いたらしーのですが・・・☆



実習中に聞いた説明の内容が


あまりにも早かったらしく

聞き取れなかったらしいのでした


ねえ kirin〜〜 あのホッチキスの芯みたいなのを 抜くことって何て言うんだろーかーぁ???


とのこと☆



明日までに提出の 実習記録に

どーしても その言葉を 書かなくてはならないらしいのでした





あたしゃ 

まだ 精神科にしか 実習に行っていないし


もちろん 手術の見学もまだしてないし・・・・・・






全然分からなかったけれど



とりあえず 教科書とか 参考書を

調べてみました




でも



載ってなーーーーい(見つけられない?)



一度 知りたくなると 



知りたい欲求が 止まらなくなってしまう kirin






知りたいボルテージ







最高潮に達しましたので 右斜め上




インターネットで調べてみると  →→


おやおやおやおやおやおやおやおやおやおやおや 目





あるあるぅ!



そのことについて載っている ホームページなどが

たくさーーん ありましたよ☆☆

便利ですねえ (・0・)γ




傷口を縫い合わせ


その糸を抜くことを ”抜糸”  といいますが



今回の手術で 

手術部位の縫合の為に留めた


ホッチキスの芯のよーなものを 抜くことは



”抜針”  とゆーーーーみたいです☆




ちなみに そのホッチキスのよーな器具は



「スキンステープラー」



とゆうものみたいです




訂正(?)→手術部位をスキンステープラーで留めて

それを 抜くことを ”抜針” と書きましたが

翌日 学校で調べてきた友人によると

”抜鉤(ばっこう)” と言うとのことでした☆

分からなくなってしまったので 

調べて はっきりと分かったら また書きたいと思います

すみません (;0;)5月17日 kirin 



posted by kirin at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

精神科病院について

週末です (^_^)v



今日は実習はなくて

午前中は病院で仕事 午後は学校で授業がありました



久しぶりの学校では


実習の記録などで

ほとんど寝ていない日が続いていて


みんな




目にクマ・・・ ( ̄。 ̄) 



しかも 今日は ”耳鼻咽喉”のテストもありました






実習はとゆうと→→


精神科の病院なのですが




私は 「男性の閉鎖病棟」 とゆう病棟にに行っています☆




この病院へは 4人の学生で実習に行っていますが



私ともう1人は その「男性の閉鎖病棟」で実習をしていて



もう2人は 「女性の開放病棟」とゆうところで実習をしていて



場所が離れているので

バラバラです





私の受持ちの患者さんは


慢性期の患者さんで

趣味の釣りや 音楽や 習字の話をいっぱいしてくれます



たばこが大好きで


1時間に1本 看護師から受け取るたばこを

楽しみにしていて


たばこを受け取ると 

毎時間 仲の良い人達と一緒に

喫煙室へ行って 話をしています ファーストフード





入院している方々は

精神的な疾患を持つなど

いろいろな事情があり 入院しているのですが


そのレベルとゆうのは 患者さんそれぞれ 本当〜にさまざまで


正直 どうしてこの人は入院しているんだろう

何処に問題があるのだろう・・・・

なんて 思ってしまう方もたくさんいらっしゃいました☆


そーゆう患者さん達も 

治して 社会へ復帰するために

治療を頑張っています








実際 

社会生活から切り離された病院で入院していた為に



以前出来ていたことが できなくなってしまう方もたくさんいて



それを解決する為に病院で

退院した後の生活を考えて 

いろいろな訓練をするそうです☆☆





例えば・・・・



OT(作業療法) や SST(社会生活技能訓練)などです☆





☆OT(作業療法)とは:

スポーツや 木工 映画鑑賞や ゲームなどなどを行うもの







☆SST(社会生活技能訓練)とは:

生活をしていく中での行動の一部を ”即行劇”のよーに 何人かで演技をして その対応でうまくいくかなどの解決方法を見つけていくとゆう作業 

(例) 勧誘の人が家に何かを売りに来た時の断り方を セールスマン・家の住人の役になりきって患者さんが演技をし それをみんなで見て もっと良い断り方などがあると思った人が また その演技をしてみせたり 意見を出し合ったりするもの




・OT(作業療法)について→→  http://www.jaot.or.jp/work.html


・SST(社会生活技能訓練)について→→ http://www.jasst.net/











まだ実習は 始まったばかりでドキドキですが


受持ちの患者さんとも 

うまく やっていけそーです



早く 月曜日になって

患者さんに会いたいです☆





あ でも・・・・・この先・・・


いろいろな病院へ行って実習をしていきますが・・・


12月まであるし・・・長いな(TvT)









posted by kirin at 20:08| Comment(4) | TrackBack(1) | ナースの種話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。